外反母趾|足の親指のマッサージで外反母趾を改善しよう

外反母趾の治療を目的としたマッサージですが、かかとを揉みほぐした後はそのまま足の裏の中心線を順に揉んでいきます。
同じ要領で、かかとの内側から親指の付け根までをゆっくり、優しく揉んでいきます。
そして、親指と人差し指の間からかかとに向かって一センチくらい下にあるくぼみの箇所を優しく揉みます。
それらの作業を左右の足にします。
外反母趾は親指の変形から始まる病気ですので。
親指とその隣の指であるひとさし指にかけてのマッサージが大切になってくるのですね。
足の裏には外反母趾のことだけではなく、色々な健康のツボがあるとも言われています。
外反母趾だけではなく、思わず他のところも健康的に良くなった、なんて嬉しいサプライズがあるかもしれませんね。